プリン雑感「クラシックスイーツ好き男子(おじさん)」

  • 2015.06.05 Friday
  • 20:57
JUGEMテーマ:プリン
JUGEMテーマ:料理
プリン作りが壁にぶち当たった。

なんでも壁にぶち当たってからが大事なのである。

ここでプリンについて少し振り返ってみたいと思う。

プリンにはいろんなバリエーションがある。

生クリームプリン等のフワトロ系。

フワトロ系の表面に砂糖かけてを焼き、パリパリの蓋をつけたクレムブリュレ。

牛乳プリン、抹茶プリン等の、卵使わない系。

僕の作っているのはクラシカルな焼きプリン。カスタードプリンに分類される。

その中でもバニラ等を使わない僕のレシピ(ラベットラの落合シェフの)

はもっともミニマルなレシピだと思う。

プリンによく使われる副材料に生クリームやチーズ、ゼラチン等がある。

風味付けになると、これはもう何でも使える。

バニラエッセンスを筆頭に、紅茶やコーヒー、ラム酒等のリキュール。

「美味しい」という感想を素早く得るには、何かを添加するのが早いと思うのだが、

僕としては、限りなく少ない材料で本格!というのが好み。

つるんとさせるにはどうもゼラチンがいいみたいなのだけど、

使わなくってもつるんと出来た経験がある以上、これにも頼りたくない。


話が変わるようだが、少ない菓子作り経験のなかで

僕がもう一つしつこく作ったのが

フィナンシェである。

アーモンドプードルと卵白、強力粉とバター、砂糖で作れる焼き菓子。

元から好きな菓子ではあったのだけど、「アッ」と思うほど美味しいいものがあって、

そのレシピはベーキングパウダーなどを使わないクラシカルなものだったのだ。

やっぱり残っていくお菓子には、一番クラシカルなレシピのなかに、

その美味しさの本質があるのではないかと。

そんなにお菓子を食べない僕が転ぶのはそういうタイプのものだと思うのだ。

広ーいスイーツの世界において、その広さに免じて、

僕のような大してスイーツにくわしくない男にも

立ち位置のようなものを与えてもらえるなら、

「クラシックスイーツ好きおじさん」ということになるだろうか。

そんなわけで、プリンについてもわたくし、

もうしばらく何も足さず、このレシピで工夫出来ることを探してみたいのである。

 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

近著

2巻もよろしく

三巻でます!

涙の完結!

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM