最後の釣り

  • 2017.06.01 Thursday
  • 13:41

JUGEMテーマ:魚釣り

 

 久しぶりに穴釣りへ。

 

とはいえ先週行ってるのだけど、

 

書くほどのことがなかったので更新せず。

 

単純に言えば獲物なし。

 

ちょこちょこ釣れはするのだけど、小さいのだ。

 

季節はすっかり初夏。

 

海の中も全然変わったようだった。

 

 

この日はカゴカキダイがよく見えた。

 

カニは先週からの大ハッスル!

 

いつも最初に探る穴でチビカサゴが食って来た。

 

 

5センチくらいかな〜。即リリース。

 

2年魚かしら。この子にもう会うことはないかな・・・。

 

この日は嫌な予感がしたので最初っから写真を撮っておいた。

 

 

次にのぞいた穴。

 

魚影が見える。餌をつつくだけのカゴカキダイじゃない、

 

メバルのようだ。

 

鼻先に餌を入れると、ついばむのが見える。

 

キュッ!と走った。

 

上がって来たのはこれまた小さなメバル!

 

 

メバルはカサゴに比べると弱いので、急いで放してあげなくっちゃ。

 

同じ穴で数匹同サイズのメバルが上がった。

 

またいつか会えるといいけど!

 

日よけに帽子をかぶっているのだけど、暑い!

 

 

暑くってもそれも結構嬉しいのが釣り人である。

 

いい天気で、汗をかきながらやる釣りも、夏を感じさせて心地良い。

 

 

根掛りが多い日だった。

 

後ろ髪、でなく海が糸を引っ張っているわけです。

 

アタリがなくなり、根掛り多く。バテそうなので二時間で納竿、

 

終了となった。

 

 

さて、最近更新が少なかったこのブログですが、

 

釣り部門、いや、穴釣り部門、最終回です。

 

実は引っ越しすることになりまして、ぶらっといける穴釣りはこれでおしまい。

 

次は都内で、ぜんぜん海から遠いのです。

 

新しいテーマを見つけてまたアップします。

 

 

まあ釣り自体は辞めないわけで、

 

本気で忘れるくらいなら、泣けるほど愛したりしないわけで、

 

夏には海に潜りがてら釣りにも行きたいとも思っている次第。

 

またいつか海沿いに住んで、ぶらっと穴釣り生活に戻るのもいいな、なんて。

 

最近のメインフィールド、大磯海岸は総じて楽しませてくれた。

 

ボウズはなかったし、色々な魚にも出会えた。

 

これからも釣り人を楽しませる場所であってほしいと思います。

 

ではまた。

 

皆さんとは東京でお会いしましょう。

 

アデュ!茅ヶ崎。

春近し!?

  • 2017.03.01 Wednesday
  • 19:13

JUGEMテーマ:魚釣り

 

 今日はなんだか釣れそうな気がする。

 

海の中は温度が下がりきらないみたいだけど、

 

前回の釣りではカサゴは穴の中に入ってきてた。

 

もう冬も終わってしまうのだから、カサゴだって痺れを切らして

 

出産に来ているはず。

 

 

 とここでふと思ったのだけど、ここ数年東京湾近辺の海水温は高いらしい。

 

水温が下がりきらないと、カサゴが出産せず、カサゴは増えないのだろうか?

 

それが最近の貧果につながっている、ということがあったりするだろうか??

 

どうだろう?自然はわからないからね・・・・。

 

北海道であんこうがやたら揚がってるというし・・・・。

 

 

 

 それはさておき、今回は大磯でもいつも行かないところで竿を出して見た。

 

最初に釣れたのはちびカサゴ。大物は入っていないのか・・・?

 

しばらくちびカサゴを釣っていると、  

 

グン

という手応え。

 

これは!上がらないか!?と思った途端糸が切れた。

 

糸が根ズレしてたみたい。

 

本当は糸チェックをもっとちゃんとした方がいいのはわかってるんだけど、

 

この穴釣りという釣法では、糸がすぐに傷ついてしまう。

 

その度に糸替えしてたら糸がいくらあっても足らないのだ。

 

しかし今度は入念に糸を調べて仕掛け付け。

 

外に開いた場所でググンと来た!

 

あれ?これは?

 

いい引きを見せて上がって来たのはメバル!

 

続けて荒々しい引きを見せてメバルが上がって来た。

 

うーんやはり最近はメバルの海なのだ。

 

しかしサイズがいいのでなかなか嬉しい。

 

メバルといえば春の魚だ。海の中は一足早く春なのか?

 

 

 そのあともいい手応えが続く。

 

多くはリリースサイズのカサゴやメバル、ベラだけど、

 

久しぶりにそこそこのサイズのムラソイも顔を見せた。

 

ムラソイは大きさ以上にファイトしてくるので釣り味が良い。

 

今回は根魚鍋にしようとやって来たのだけど、そろそろ鍋には十分と思える頃、

 

今日一のカサゴが上がって来た!

 

体高もありお腹パンパンの立派な奴だ。

 

しかしこの腹は卵か・・・・逃すか?

 

しかし惜しいような、いや惜しくないような・・・微妙なサイズ。

 

とりあえずキープして、もう一匹釣れたらリリースしよう!

 

と、この辺りで釣り開始から二時間。

 

突然お腹が空いて集中力が続かなくなっちゃった。

 

腹パンカサゴはキープしたまま納竿となった。

 

 

 さて、家に着いてみるとバケツの水が凄い濁ってる。

 

メバルなんかとっくに絶命。大きな目をかっぴろげていらっしゃる。

 

水の汚れはどうもカサゴが吐き出した胃の内容物!

 

小魚の骨やら身やらがいっぱいである。

 

実はあの腹パンカサゴ!お腹は卵ではなく腹一杯の

 

食べ物だったようだ。

 

出産後に荒食いしていたのかもしれない。

 

 

今日はカサゴ2、メバル2、ムラソイ1の釣果。

 

鋭い引きが楽しめた釣りだった。

 

アコウ!

  • 2017.02.19 Sunday
  • 02:57

JUGEMテーマ:魚釣り

 

 風は冷たいけれど、潮は澄み、波は穏やかだった。

 

そんな二月のある日、いつもの大磯港へ。

 

ここのところメバルが必ずいる穴は、その日もメバルの魚影が濃い。

 

そこでまずまずの型が1匹上がった。

 

木っ端メバルを何匹も釣ってからだ。

 

そこでメバル釣りはやめて、本命のカサゴを探しにゆく。

 

今回は岸際の穴を重点的に攻めた。

 

こちらも木っ端をたくさん釣った後のこと、

 

澄んだ水の中に良型のカサゴが、餌につられて出てきた。

 

一度視界から姿を消すと、餌をひったくって、竿を曲げる。

 

なかなかの手応えで上がってきたのは25cm超のカサゴ!

 

久々の文句なくキープサイズだ。

 

でも産卵後なのか、体長の割に重さがない。

 

ちょっぴり煤けているようにも見える。

 

でもこのサイズは久しぶりだったので一気に気分が良くなった。

 

もういつでも帰っていいなあ♪なんて気分で釣っていると、

 

キュン

 

といつもと違うアタリ。

 

メバルのようでもあるけれど、もっとハッキリしてる。

 

かといってカサゴのような荒々しさはない。

 

メジナか?いや、どうせ活きのいいベラか・・・・。

 

ところが上がってきたのはハタ!しかも(後で調べてわかったのだけど)

 

「アコウ」とも呼ばれて沖釣りで珍重されるキジハタである。

 

すぐに竿をしまって、3匹キープの納竿とした。

 

ハタ。ちょっと憧れの魚である。でも本当は持ち帰るにはちょっと小さい。

 

22cmもあれば良いか・・・。

 

ハタ、釣ったことは数回あるのだけど、いつも持ち帰れなかった。

 

ほとんどは小さすぎて。あとは釣ったのが旅先で調理する方法がなかった為。

 

沖縄で早朝、一人で釣ったハタは2匹揃ってなかなかのサイズ。

 

ホテル前の海の桟橋から、ルアーで数投。

 

南の海の豊かさを垣間見せてくれたのであった。(その時だけだけどね)

 

そんな悔しさもあり今回は我が家の食卓へお招きすることとなった。

 

 

写真一番下がキジハタ。

 

カサゴの良型が釣れた時から今日の料理は決めていた。

 

きっとハタにも合うはずの料理だ。

 

それは「中華蒸し」

 

下処理した魚のお腹の中に、生姜や香菜、ネギなどを入れ、紹興酒とナンプラーを振る。

 

ラップをして電子レンジで蒸し上げる(普通に電子レンジにかければOK)

 

最後に花椒とごま油、レモンをぎゅっと絞る。

 

正確には中華蒸しというよりタイ風の蒸し物かもしれない。

 

これすんごい美味しいので是非やってみてほしい。

 

だいぶ前にクックパッドに覚書しておいたのでよろしければご参考に。

 

<script src='https://widgets.cookpad.com/recipes/3255739.js?k=cc57d87a' type='text/javascript'></script>

 

そして問題のキジハタの味ですが・・・・。

 

うんまい!

 

カサゴよりもしっとりときめの細かい身、

 

メバルよりも弾力があり、まとまりもいい。

 

今回の三匹の中ではダントツのうまさ!

 

あくまで軽いが、白身魚の脂肪のコクがあり、まさに蒸し物向きの魚であった。

 

しかし刺身でも食べてみたかったなあ。

 

また釣れてほしい。もっと大きなやつ。

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

近著

2巻もよろしく

三巻でます!

涙の完結!

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM