初めまして、プリンです。

  • 2017.06.17 Saturday
  • 02:36

JUGEMテーマ:プリン

 

 引っ越しが終わって一週間、

 

こちらに来てから初めてプリンを作ってみた。

 

こちら、とはどちらかというと、東京は赤羽なのである。

 

川は近いが海は遠い。潮の匂いなんか全然しない。

 

センベロの首都。

 

漫画でいうと清野とおる氏の牙城。

 

そう、そんな赤羽なのである。

 

もうちょっと赤羽について紹介してみたいのだが

 

なにせ一週間である。

 

また何か発見があったら、おいおい書いていきたいとおもいます。

 

 

野菜の直売所を見つけました。

 

なかなか美味しいし安い。野菜問題はひとまず解決かな?

 

そこで卵をゲット。普通の卵の二倍以上の値段。

 

次に丘の上のマルエツにて牛乳をゲット。

 

ん?なんだろこれ。見たことのない牛乳。所変われば品変わる。

 

なんだか美味しそうなことが書いてあるので買って見た。

 

 

いつものようにカラメルを敷く。

 

 

温度はちょっと高めの140℃。60分。

 

今度の家はオーブンのある階が、仕事場のある階と違うので、

 

こまめに温度を見るのが面倒だったりして・・・。

 

できました。

 

焼き上がりを見ようと、中心部を触ったらハゲちゃった。

 

あんまりない感じだけれど大丈夫かな?

 

カラメルが浮いてしまっているようで、見た目がよろしくない。

 

 

イッタラ×ナルミ(引き出物対決)

 

結果は美味しくできました。ただ難を言えば特に褒めるところがない。

 

いや、けなすところもないんだけどね。

 

もー心持ち加熱したらプリッと感出たかな・・・。

 

でもタンパク質の感じにもよるからこれでベストか・・・。

 

 

 

キッチンが広くなって、使いやすいことこの上ない!

 

このブログでは伝わらないかもしれないけれど、ヨロコンでおるワタクシ。

 

もう一度この場所で素材探しから始めたいと思います。

 

 

 

オリマープリン

  • 2017.03.31 Friday
  • 22:50

JUGEMテーマ:プリン

 

さて三月は全然更新しなかった。

 

寝込んでました。

 

といっても大したことないのだけど、

 

或る日突然熱が出て、そのあとずっと咳がとまらず・・・・

 

今も完治してるって感じじゃない。

 

もしかしたら花粉症の症状なのでは??と嫌な考えを振り払う。

 

久しぶりにプリンを焼いてみました。

 

うちの奥さんがとてもおいしい卵をもらってきます。

 

『オリマ君の卵』と呼ばれています。

 

オリマ君という人がくれるのです。

 

このプリンブログは卵の良し悪しにはあまり触れなかった。

 

なぜなら温度によっての固まり具合をテーマに据えていたから。

 

この凝固の時間によるコントロールが難しいことから失速しておりまして・・・。

 

ともあれうちの卵が冷蔵庫の卵立てを大きくオーバーしてしまったので

 

久しぶりに焼いてみることにしました。

 

急に思い立ったので牛乳が足りん・・・。

 

初めてデュラレックスに入れて焼いてみた。

 

いつものように卵を濾しもぜず、雑なプリン。

 

140度で焼いてみるが、型が小さくても凝固時間はあまり変わらない。

 

55分焼いた。

 

落合シェフの指定時間とはかなりの乖離がある。

 

オーブンのせいなのか、湯煎の水が深すぎるのか・・・・。

 

 

というわけで、かなり汚い出来!店には出せんな。

 

しかしやはりおいしい!卵がいいとやはりうまい。

 

質感はあまり感じられない。グラスに入れて食べるのと、

 

皿に出して食べるのとでは感じ方が違うみたい。

 

皿に出して食べる方がなぜか味といい食感といい、豊かに感じられるように思う。

 

今回の発見は二点です。

 

・やはりうまい卵はプリンにしてもうまい!

 

・プリンは皿に出して食うべし!

 

実は昨日復帰戦に釣りに行ってきたのですが、とある事情でくわしく書けませんw

 

魚はあまり釣れなかったけれど、

 

あたたかく、波低く、水は透明で気持ちの良い海でした。

プリン再臨!

  • 2017.02.13 Monday
  • 19:01

JUGEMテーマ:プリン

 

 プリン作りました久しぶりに。

 

    うまいです。

 

プリンの決め手はカラメルだと教えてくれた人がいましたが、

 

やはり自分で作ったカラメルは美味しい。

 

ご承知の通り、カラメルは砂糖が熱によって褐変反応を起こした物質。

 

煎じ詰めればただの砂糖な訳ですが、それがこんなに色々なお菓子に使われるのは、

 

褐変作用によって複雑な香り成分が生まれるから。

 

その香ばしい香りによって、カラメルは色々な食品に香料として使われているほど。

 

その香り成分は一説には何十通りもあるとのことなので、

 

やはりフレッシュな(作りたての)カラメルには多くの香り成分が

 

あると言うことなのかもしれません。

 

プリンの質感については相変わらず答えが得られません。近づいてもいません。

 

美味いからいいのか!?ゴールなのか!?

 

ちょっとあちこちのプリン、食べてみようかと思う今日この頃。

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

近著

2巻もよろしく

三巻でます!

涙の完結!

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM